マウスピースで食いしばり・歯ぎしりを改善しましょう

もしかしたらあなたも、睡眠時に「食いしばり」や「歯ぎしり」をしているかもしれません。自覚がないのでご自身で認識するのは難しいですが、ご家族やご友人に指摘された方は放置せずに治療することをおすすめします。

食いしばり・歯ぎしりは歯を傷つけてしまうほか、歯の噛み合わせが悪くなることで顎関節症を招いたり、歯周病の進行を助長したりと、さまざまな障害を引き起こす可能性があります。また、肩凝りや偏頭痛などの原因になるケースも珍しくありません。

顎やこめかみが疲れてだるいという方も、無意識に食いしばりや歯ぎしりをしている可能性がありますので、お気軽にご相談ください。

食いしばりや歯ぎしりはお口にトラブルをもたらす万病のもとです。

食いしばり・歯ぎしりの原因

思いきり力を入れたときなど、人は誰でも歯を食いしばります。 しかし、こういった瞬間的な食いしばりと、無意識下で長時間にわたって行われる食いしばり・歯ぎしりはまったく別のものだということを覚えておいてください。

無意識的な食いしばり・歯ぎしりの原因については、以下のようなことが考えられます。

精神的ストレス

もっとも多いのが精神的ストレスだといわれています。不安や心配といった潜在的なストレスを、食いしばり歯ぎしりによって発散させている、と考えられています。

噛み合わせ、歯並びの乱れ

歯並びが悪いことによって、自然と食いしばり・歯ぎしりが起きてしまうこともあります。詰め物が合わないために噛み合わせが悪くなってしまう場合もあります。

アルコールやカフェイン

飲酒や喫煙、あるいはカフェインの摂取過多によって食いしばり・歯ぎしりが起こりやすくなると言われています。

力仕事

重い物を持ち上げることが多い職業の方などに、無意識的な食いしばり・歯ぎしりが起こることがあります。

食いしばり・歯ぎしりが起こす体への影響

食いしばりや歯ぎしりをすると、歯には体重の2倍の負荷がかかると言われています。それを毎日何時間も続けることで、当然身体にも影響が出てきます。

歯周病の進行

歯ぎしりをすると歯肉に大きな負担がかかり、歯肉を傷つけることで炎症を引き起こし、歯周病の状態を悪化させることにつながります。

知覚過敏

非常に強い力でこすり合った歯は摩耗し、歯の表面(エナメル質)がはがれてしまいます。その奥にある多数の毛細血管や知覚神経が外からの刺激に過敏に反応することで、しみたり痛みが生じたりします。

顎関節症

歯が欠けることで歯並びが悪くなり、顎関節症になってしまうこともあります。顎関節症になると口を大きく開けられなくなる、顎に引っかかったような感覚があり動かしにくい、といった症状があらわれます。

肩凝り・偏頭痛・耳鳴り

長時間食いしばることで顎の筋肉に大きな負荷がかかると、肩凝り・偏頭痛・耳鳴りを引き起こすこともあります。集中力の低下を招くこれらの症状は、慢性化する可能性もあります。

睡眠障害

歯並びが悪くなると、呼吸の妨げにもなりかねません。眠りが浅くなるだけでなく、睡眠時無呼吸症候群との関連性も指摘されています。

マウスピースで解決しましょう!

食いしばりや歯ぎしりの治療では、現在はマウスピースを使うことが一般的です。就寝前にマウスピースを装着し、上下の歯の物理的な接触を防ぐことで歯や顎にかかる負担を軽減させるのです。

マウスピースによって睡眠時の食いしばりや歯ぎしりだけでなく、肩凝りや偏頭痛が改善することもあります。市販のマウスピースもありますが、当院では患者様に合ったオーダーメイドのマウスピースをお作りしています。

※鼻に疾患をお持ちの方、入れ歯の本数が多い方などは、マウスピース治療を適用できない場合もあります。詳しくは当院までご相談ください。

その他の治療法

マウスピース以外の治療法に関しては、すり減ってしまった歯や全体の噛み合わせの悪さを改善する「噛み合わせ治療」や根本的な改善を目指す「矯正治療」があります。当院では、患者様の歯並び・噛み合わせの状態を見ながら最適な治療法のご提案をさせていただきます。

  • ページのトップへ